世の中にはたくさんの職種がありますが、過去に存在していても現在は消えてしまった職種もあります。
社会の動きによって、需要のある仕事と需要がなくなってしまう仕事とがあるようです。
現代ではインターネットを幅広い世代が活用しています。
半世紀前では誰も予測していなかったことです。
未来を描く漫画でさえも、携帯電話の発想はありませんでした。
ですがこの携帯電話の登場によって、世界中が大きな変化をしました。
携帯電話から始まった新しい文化は、スマートフォン、タブレットといったものに更に進化して、若い世代だけでなく高齢者さえもが活用しています。
しかしスマートフォンやタブレットは利用できても、パソコンが使える世代は減っているという調査結果が出ています。
これは日本に限ったことではなく、世界中で起きている現象のようです。
昔から人は楽な方向に流れる傾向があるものです。
自宅、勤務先、外出先と場所を選ばず利用できるスマートフォンは、コンパクトながらその活用方法は多岐に渡ります。
寸暇にゲームを楽しむことも出来ますし、営業などの仕事に活用している企業もあります。

インターネット利用する人の多くは一般の人です。
ユーザー目線に立ったものが作る努力がエンジニアに求められているように思います。
専門用語を駆使して分かり合えるのは専門家の間だけで、一般の人には未知の言語でしかありません。
このような一般の人にも理解しやすい説明ができるエンジニアが、これからの社会では需要があり、また長生きする人ではないでしょうか。
一般の人に専門的なことを分かりやすく説明するには、専門外の知識も必要になってきます。
本やニュースなど、知識の幅が問われるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です