専門職の需要は年々増えてきています。
これは各企業などのIT化が進み、業務の分担がされてきたからではないかと思います。
業務が分担されることで働き手の責任や仕事量は軽くなってきます。仕事量や責任が軽くなる反面、求められるのが専門的な知識や技術だったりします。
特にプログラマの仕事に関しては、専門分野に強みのある人が長続きしているように感じます。
今まではある程度の技術や知識だけで対応出来ていたのですが、業務の分担化が進むにつれて、専門的な分野に特出した知識や技術がある人の需要が増えてきているのです。
これは業務分担が進み、各企業が残業などを減らすように努力をしてきた時から言われていたことです。
業務を分担することで責任や業務が軽くなるということは、その分業務に集中できるようになるという考えがあります。
つまり今までは平均的な仕事内容でよかったものが、より精度が高いもの、生産性の良いものを企業が求めるということなのです。
プログラマなどは今までは与えられた仕事を消化するだけで良かったのが、それ以上の成果を求められることにより常に勉強をしてスキルを磨いておかなくては排除されるかもしれないという危機感を持たなくてはいけないかもしれません。
ただ漫然と仕事をするのではなく、このような向上心などを持って仕事に取り組むようにするとよいでしょう。

また企業によって必要な知識が違ってきます。自分の勤務する企業がどのような業種なのか、また社会の中においてその業種はどのような変化をしていくことになるのか、といった先読みも必要です。
そして変化が訪れたときに対応出来るよう、準備をしておくといったことも心がけておくとよいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です